カテゴリー
遊び

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

村上春樹氏の本が話題になっていますが、僕はずっとこのタイトルの意味が分かりませんでした。

「色彩を持たない多崎を作ると、彼の巡礼の年になる」

という意味だと思っていたんですが、それにしても「多崎」って何なんだろう、意味不明だ、なんて思ってました。一度有名になれば、何やっても賞賛されるんだなーなんて勝手に思っていました。

そしたら、どうも「多崎つくる」というのは人名のようなんですね!

これで解決です。

まあ、私は本は読むのにとても時間がかかるので読まないですが、最近気になって気になって仕方なかったのがこれです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です